UNICOM

System Development, Customer Support,
and Your Dream...
ユニコム株式会社

ユニコム・ディスカッション

若手メンバーが語る!
ユニコム流・お客さまから
喜ばれる働き方

若手スタッフ座談会

ユニコムってどんな会社?

吉村お互いの入社の経緯や印象がなんとなくわかったところで、少し話は変わるけど、皆から見て、ユニコムってどんな会社だと感じてる?

杉田どの部署にも言えることだけど、確固とした理想や目標を個々にしっかりと掲げていて、自分たちが何をしたいのかと言う意思表示もはっきりと出していくなと思います。でも部署間の連携やチームワークはすごくいいから、いい意味での科学融合みたいなものが生まれているなと思います。 システムを通して社会に役立ちたいという、方向性は皆同じだからだと思う。最終的に目指す方向が同じなので、それぞれの個性や違いを認めている。 一つに染まりきらない、人のうねりが生み出す“グラデーション”。そんな例えが、ユニコムっぽいなぁと思います。

吉村確かに、ユニコムって個性の強い集団だと思います。個性が尖っているから、ぶつかることもあるんだけど、それが一つになって前に進んでいる一体感みたいなものがあるんです。面白い会社だなって思います。

池内私はユニコムって、皆それぞれが主体性を持って仕事をしている会社だなと感じています。上から、こうしろ、ああしろという具体的な指示はないですし。自分でいかに考えて仕事を進めていくかというのが大事にされているように思います。

お客さまから喜ばれる働き方

杉田お互いの入社の経緯やユニコムのイメージがなんとなく掴めたところで、みんなが考える『お客さまから喜ばれる働き方』のメインテーマについて話したいと思います。 ユニコムの一員として、お客さまへの気遣いで心がけていることや大切にしていることは何ですか?

池内販売店様の課題解決につながる、本当に必要なシステムを作りたいと思っています。そのためには、何を求めているのか、潜在的なご要望をすくい上げることが大切です。特に、“本音”の部分ですね。本音を教えてもらうことで、よりお客さまのニーズに近い製品作りができるから。 でも、それって簡単ではないと思うんです。そこで私が大切にしているのが“共感すること”です。 今、販売店様が新聞読者のために注力されていることや今後のビジョンなどを聞き、すごいな!と思ったことはきちんと言葉で素敵ですねって伝えるように心がけています。お客さまの頑張りや一生懸命な部分を、一緒に喜びたいし、一緒に感動したいなと思っている。私が出来ることは限られているけど、応援したいなと思っています。

吉村なるほど。ニーズに叶った製品作りのために、よりよい架け橋になれたらって考えているんですね。今まで、お客さまからの嬉しかった言葉などはありますか?

池内私が嬉しかったのは、ユニコムさんは小回りが効いて、とても助かっていると言われたこと。営業としてだけではなく、会社全体として評価をいただけるのが、とびきり嬉しい瞬間ですね。

杉田確かにそれはすごく嬉しいですね!そういう評価って社内にいると聞けないけど、間接的にでも聞けると嬉しいものですね。そういえば、開発の鈴木さんは、タブレットの開発なども一任されているけど、お客さまからのシステム製作依頼に対して、心がけていることってある?

鈴木販売店様にはシステムの専任がいないことがほとんどです。“こういうのを作って欲しい”という希望は、明確には挙がってこないことが多いんです。ご要望の裏にある、“言葉にならないニュアンスをいかに汲み取るか”、ということに心を砕いています。依頼者の考えている事とのギャップが無いようにというのが一番大切にしている部分ですね。そうすることで、お客さまの本当に求めているシステムに近づけると思っています。

吉村私は、“システムを使う人のことを想像する”もの作りを心がけています。ユーザビリティーって、すごく大切な要素だと思うんです。プログラム上の難しさも時にはありますが、そこを極力言い訳にしたくないですね。ニーズにどう応えていくかが僕ら開発課の仕事だと思っています。

オフィスの感想

杉田2014年にはオフィスが現在の所沢に移転してきたけど、新オフィスの感想はいかがですか?

池内ワンフロアになったので各課との連携が取りやすく、距離が近いですね。優しいBGMが流れていたり、観葉植物がたくさん置いてあるのもポイント高いです!

鈴木すごく働きやすくなりましたね。前は開発課が3階でサポート&営業課は1階だったので、行き来が大変だったので、劇的な変化ですね。ウッディーな床も心地よい感じ。